正和不動産

ご相談/お問合せ

Reform/Renovation 不動産会社が提案する
修繕戦略

資産価値を守るためにも、最適な修繕戦略をご検討してみませんか?

賃貸物件の入居希望者がまず重要視するのは、建物の美観と環境だといわれます。
築年数が経っていても綺麗にメンテナンスされた物件は人気が高く、空室対策としても万全です。
資産価値を守るためにも、最適なリフォームをご検討してみませんか?
東京都杉並区の正和不動産が、長期的な視点で理想のリフォームプランをお届けいたします。

  • 「空室対策」と「安定経営」を同時に実現!
  • 資産価値を維持し、入居者様に長く選ばれ続ける賃貸住宅経営をサポート!
  • ターゲットに合わせたリフォームによる「お部屋の魅力」をご提案!
  • 「空室」がなくなるリフォームの『ノウハウと経験』をご提供!
  • 60年間の「実績」から見るお部屋づくりの「変化」
  • 時代と共に細分化された「ニーズ」の把握

「補修・修繕」のための3つの目的 3Ways to repair

01. 原状回復

入居前の状態へと戻す工事

原状回復は賃貸物件の退去時などに、内装等を入居前の状態に戻す工事です。汚れたり傷ついたりした壁紙・壁材、床材などを補修・修繕します。原状回復がご必要の際は、ぜひ正和不動産までご相談ください。

02. リフォーム

新築同然の環境を目指す工事

リフォームは内装材や住宅設備などを入れ替え、新築時と同様の美しく機能的な空間を目指します。もちろん、必ずしも以前と同じものに交換する必要はなく、畳からフローリングといった施工も可能です。

03. リノベーション

より高機能に変化させる工事

オーナー様のお好みやコンセプト等を採り入れ、より機能的な住環境を目指す工事がリノベーションです。計画次第では新築時以上にグレードアップすることも。その分、工事は大掛かりになってしまいます。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームが新築レベルの状態を目指すのに対し、リノベーションは用途や目的に応じて、新築以上の姿を目指す工事です。正和不動産では、細部までこだわりを詰め込むことで、物件に新たな価値をプラスする「独創性あふれるリノベーション」をお届けします。

工事の規模

壁紙の張り替えや、水まわり設備の入れ替えといった、部分的な修繕・変更は一般的にリフォームに分類されます。一方、間取り変更や水道管、排水管等の大掛かりな工事はリノベーションです。

住まいの性能

新築時と比較して、同等もしくはそれ以下の性能であればリフォーム。新築のときよりも機能面や使い勝手、美観面等において、グレードアップする場合はリノベーションだと考えてよいでしょう。

修繕を考える前の戦略 Strategies before renovation

物件を美しく、高機能にすることも大切ですが、その地域のニーズや他物件との差別化を事前に把握しておくことも重要です。競合物件がない場合は過度なリノベーション等は不要ですし、ニーズに沿わない物件は空室改善効果が期待できません。地域密着の正和不動産なら、不動産会社目線からの的確なご提案ができますので、ぜひご相談ください。

修繕の費用対効果を考える

修繕工事において重要なのは、その工事における効果が費用に見合っているかどうかです。賃貸物件の場合、コストを掛けて修繕をしても、それを取り戻せるだけの家賃収入が生まれなくては意味がありません。入念にシミュレーションし、効果的な修繕計画を立てましょう。

賃貸業の「経費率目安」は年間15~20%

たとえば修繕費に「家賃の7カ月分の費用」がかかるとしましょう。これでは回収に時間を要するためリスクが高まります。一般的に賃貸業界で経費率の目標とされるのが15~20%です。このうち、どこまでを修繕費に割り当てるか、慎重に検討しなくてはいけません。ただ入居率でお悩みの場合、いっそのこと大規模なリノベーションによって物件の価値を高め、物件価値を高めた分を費用に充てるのも1つの手です。費用は掛かっても、入居率が向上するため効果的でしょう。

新着物件情報を更新中! TikTokで最新情報をGETしよう!

お電話でのお問合せ

03-5364-9001

受付時間:10:00 ~ 19:00
第1、第3水曜日 年末年始

電話をかける

FAXでのお問合せ

03-5364-9001

フォームでのお問合せもお気軽に!

お問合せフォーム